専門学校比較ナビ - 賢い検索方法とは?TOP > 注目の声優・公務員など > 公務員についてA

公務員についてA

 

あなたは、どのような公務員になりたいですか?

 

こちらでは引き続き、公務員の色々な職種についてご紹介していきますね。

 

☆納税額を確認して、正しく納税を指導するのが「国税専門官」です。

その中でも、国税専門官は3つのタイプに分けられます。

 

1つ目―正しく納税額を申告しているかを調査して検査をするのが「国税調査官」。

 

2つ目ー期限内に納付されていない税金を催促したり、滞納している人に滞納処分を下したりするのが「国税徴収官」。

 

3つ目―悪質な脱税を行っている者へ、家宅捜索などによる強制捜査をして告発するのが「国税査察官」。

 

それら国税専門官になる為には、高校卒業後あるいは大学や短大、専門学校を卒業後に、国税専門官の採用試験を受験する必要があります。

 

採用試験については、年に1回行われています。

 

受験に際して学歴は不問になっていますが、学力については大学卒業程度が必要です。

 

その採用試験に合格すれば、約4ヶ月税務大学校で研修を受けるようになります。

 

その後、税務署に配属されて1年程度の実務経験を踏み、7ヶ月程度専科研修を受けると、やっと国税専門官になれるという流れになっています。

 

☆国の安全のために働くのが「自衛官」です。

 

自衛官は、防衛庁管轄の下、陸軍、海軍、空軍の自衛隊で働くのが仕事です。

 

諸外国からの武力攻撃に対して防衛活動を行うので、災害発生時などにおける救助活動や治安活動を行うために貢献しています。

 

そんな自衛官になる為には、自衛官の国家試験に合格する必要があります。

 

その受験資格者については、18歳以上27歳未満になっていて、高校卒業後あるいは大学や短大、専門学校を卒業後にその国家試験に合格すれば、自衛官になることができる流れになっています。

 

☆海の安全を守るために働くのが「海上保安官」です。

 

海の安全のために監視したり、取締りを行ったり、交通整理や海で事故が発生した場合の救出作業などを行うのが仕事です。

 

そんな海上保安官になる為には、2通りの道があります。

 

1つ目は、「海上保安大学生採用試験」を受けて合格すると、「海上保安大学校」の学生になることが可能になり、そこで本科を4年、専攻科を6ヶ月間すれば、海上保安官になることが可能となります。

 

2つ目は、「海上保安学校の学生採用試験」を受けて合格すると、「海上保安学校」の学生になることができ、そこで1年あるいは2年修学すれば、海上保安官になることが可能となっています。

 

注目の声優・公務員など記事一覧

声優について

あなたは、声優に憧れていませんか?テレビアニメのキャラクターや、洋画の日本語吹き替えなどを行うのが「声優」の仕事ですね。しかし、画面や登場人物の動きに合わせて声を出...

公務員について@

あなたは、公務員に憧れていませんか?公務員になるためには、国家資格取得を目指して専門学校に通う人も少なくない世の中ですよね。ですが、一口に公務員と言ってもいろんな職...

公務員についてA

あなたは、どのような公務員になりたいですか?こちらでは引き続き、公務員の色々な職種についてご紹介していきますね。☆納税額を確認して、正しく納税を指導するのが「国税専...

公務員についてB

あなたの理想の公務員とはどんなものですか?こちらでは引き続き、公務員の色々な職種についてご紹介していきますね。☆救急車に乗り、現場にかけつけて人命を救助するのが「救...

パティシエについて@

あなたは、パティシエになろうと思っていませんか?将来、なりたい憧れの職業の上位にランクインされるのが「パティシエ」ですね。実際になりたいと思っている人も、きっと多い...

パティシエについてA

あなたは、どんなパティシエになりたいですか?こちらでは、引き続き大人気の学校についてご紹介していきますね。東京にある「織田製菓専門学校」についてです。以下の...